Appleが開発した言語「Swift」の特徴まとめ

Appleが開発した言語「Swift」の特徴まとめ

どうもふっさんです。

今回はAppleが開発した言語「Swift」についての特徴などを書いていこうと思います。

 

まずプログラミング言語「Swift」とは?

Swiftは某有名なAppleが開発したプログラミング言語で、iOSおよびOSXのネイティブアプリを開発するための言語です。

これは開発者向けイベントであるWWDC2014(Worldwide Developers Conference2014)で発表されました。

iOSなどのネイティブアプリ開発にはObjective-Cが使われてきましたが、代替言語として徐々にSwiftに移行されつつあります。

 

さらにこのSwiftとXcodeを準備するだけで、

  • iPhoneアプリ
  • iPadアプリ
  • Macアプリ
  • AppleWatchアプリ
  • AppleTVアプリ

などなど、たくさんのアプリを開発することができます。

しかもSwiftはスクリプト言語のように扱うことができ、より簡単に開発できるようになりました。

 

そして何と言ってもSwiftはオープンソース化され、今ではものすごく普及してきています。

最近ではSwiftでWebアプリWebサーバーを作る環境も整ってきているんですよね。

そういうことから考えても、Swiftという言語はこれからもっと利用者が増加にするに間違いのない言語と言えるんです!

 

プログラミング言語「Swift」の特徴まとめ

公式サイトを見ればたくさんありますが、Swiftの特徴は大きく3つあります。

 

めちゃくちゃわかりやすいコーディング

Objective-Cでは理解できずに挫折していた人が、Swiftではスラスラと理解できてしまうほどです。

誰のことかというとふっさんでございます。

本当にObjective-Cで挫折したけど、Swiftに変えた瞬間ふつーにアプリが作れるようになりました。

 

コーディング自体が簡潔で書きやすいし、読みやすい。

最高の言語だと言えますね!

 

モダンな言語

モダンってなんやねん!って思われるかもしれませんが、意味通り「現代的な」言語です。

要はジェネリクスやクロージャ、タプルなどの先進的な書き方ができるということですね。

他にも構造体がメソッドやエクステンションなどをサポートしていることもモダンな言語と言われる理由のようです。

 

まぁ初心者からすれば、覚えることが多くなったってことです!笑

 

安全性が高い

何と言っても、型やnilに対してものすごく厳しい。

同じ型でないと演算できないし、nilが入るかもしれないとなったら初心者が頭を悩ませるOptional<Wrapped>型が出てきます。

そういう理由からもめちゃくちゃ安全性が高く、実行時エラーがほとんど起きないんですよね。

 

以上の3つがSwiftの大きな特徴です。

だからSwiftをきっちり理解すると、安心安全で読みやすいソースコードができるってわけです。

 

勉強するならSwift一択!!

上にも書いたように最近ではSwiftでWebアプリやWebサーバーの開発ができる環境が出来てきています。

と言うことは、Swift一つでアプリ開発からサーバー開発まですべてできるようになってしまうんです。

しかも安心安全で書きやすく読みやすいモダンな言語っていう。

 

こんな良い言語他にないよ?笑

 

もしこれから何かプログラミング言語を勉強しようと思っているなら、絶対にSwiftを勉強すべきです。

これからもっともっと市場は伸びてきますし、仕事も増えるはず。

しかも覚えるのが簡単ですからね!

 

勉強するならSwift一択ですね。

 

まとめ

ふっさんもアプリは作れるものの、Swiftに関しては勉強の身だなぁと自分では思っています。

プログラミングって奥が深いですからね。

 

こちらの記事でSwiftプログラミングの始め方ついて詳しく書いているので、ぜひ目を通して見てください!
[kanren2 postid=”1005″]
 

Swiftカテゴリの最新記事