【Swift】Swiftの配列と辞書の使い方

【Swift】Swiftの配列と辞書の使い方

どうもふっさんです。

今回はSwiftの配列と辞書の使い方について書いていこうと思います

 

Swiftの配列と辞書の使い方

配列

まず配列とは何か。

配列とは複数のデータを変数1つでまとめて管理するものです。

普通の変数では変数1つに対して1つのデータしか管理できず、データ量が膨大になると、その分だけ変数を用意しなければいけません。

 

それを解決してくれるのが、この配列というもの。

Swiftにおける配列の宣言は以下のような感じ。

これで配列alphaが宣言されました。

まぁこの場合は型推論を行なっているので、型アノテーション(:[String])は必要ないですが一応書いておきます!

型推論や型についてはこちらの記事で詳しく書いています。

[kanren2 postid=”1022″]

 

そして代入した値を配列から取り出す方法は、こんな感じ。

0の部分を「添え字」と言って、データの入っている番号を示しています。

aが一番最初に入っているので0、次にbが1、そして最後のcが2となっています。

ここで注意して欲しいのが、添え字は0から始まるということです!

これが慣れるまで忘れやすいんですよね。

 

だから他の文字を取り出したい場合、

このようになるわけです。

 

次に追加したいデータが出てきた時。

cの次であるdを配列alphaに追加するには以下のように記述します。

配列の中身がa,b,c,dとなっています。

 

じゃあ逆に指定した配列のデータを消したい場合。

このように消したいデータの添え字を指定して削除できます。

この場合cが削除されます。

cが削除されることによって、中身がa,b,dとなり、dが1つずれて添え字が3から2となります。

 

最後に添え字を指定して代入することもできます。

dの入っている添え字2にcを代入。

これでdが消えて、中身はa,b,cとなります。

 

以上が基本的な配列の操作ですね。

配列は慣れればクッソ便利なので、早めになれちゃいましょう!

 

辞書

次に辞書。

辞書とは配列と違い、データと添え字を関係性のあるものに設定して管理できるようにしたものです。

 

例えば大学のGPAを辞書データで管理する場合。

田中くんが4.5、鈴木くんが1.2、佐藤くんが2.6としましょう。

鈴木くん頭悪すg(ry….

 

このデータを辞書で宣言するとこんな感じ。

上記のように添え字に自分が指定するわかりやすい型を指定できます。

 

次に辞書からデータを取り出したい時。

ちなみに取り出される値はOptional型なので、強制アンラップしています。

Optional型については違う記事で詳しく書きますね!

 

そして辞書からデータを削除したい時は以下のように書きます。

これで田中くんが辞書配列の中から削除されました。

 

このように辞書では配列よりも便利にデータ操作を行うことができるようになっています。

しかし配列、辞書ともにメリットデメリットがあるので、「どちらの方が適しているか」を考えて使っていく必要があります。

必要に応じて使い分けていきましょう。

 

まとめ

ふっさんが開発に使うのは、「配列」ですかね。

毎回辞書で自分の指定した単語などを入力するのがめんどくさい。

ただいつか辞書の方が便利に使える時が来ると思うので、慣れておかなければいけないなぁとも思っています。

 

まぁ初心者のうちは配列から慣れていくことをオススメします!

 

Swiftカテゴリの最新記事