【Swift】フレームワークについて

【Swift】フレームワークについて

どうもふっさんです。

今回はSwiftのフレームワークについて書いていきたいと思います。

 

まずフレームワークとは

フレームワークとは、個別に利用できるようにしたプログラム群で

要はAppleの提供しているUIKitなどですね。

 

このUIKitをインポートしておけば、UILabelと書けばiPhone上に文字を表示することができるし、UIButtonを使えば簡単にボタンを作成することもできます。

 

それがなぜできるかというとこのUIKitというフレームワークの中に、UILabelやUIButtonというclassの機能が書かれているからです。

だからUIKitを使ってやれば、誰でも同じようにボタンを作成したり文字を表示したりできるわけです。

 

またUIKit以外にもたくさんのフレームワークがあり、フレームワークを使うことよって実装したい機能をより簡単に実装することが可能となります。

便利なものでいうとカメラやビデオを扱えるようになったり、マップの表示なども行うことができます。

 

Appleの提供しているフレームワーク一覧

全部紹介しようと思いましたが多すぎるので、このApple公式の日本語ドキュメントを読んで見てください!

めちゃくちゃ詳しく書いてあるので、理解できると思います。

 

基本的にそのフレームワークでどのようなことができるのかがまとめてありますので、もし使う場合はドキュメントも同じく参照しましょう。

 

まぁ初心者のうちはまずUIKitを使いこなせるようにならなければいけないので、UIKitをバンバン使っていきましょう!

 

「ライブラリ」というものもある

これはフレームワークと似ているのですが、似て非なるものです。

ただ使い方がほとんど同じであったりプログラムの部品であることには代わりがないので、初心者のうちは同じようなものだと考えておいて大丈夫です。

 

またライブラリは個人が作ったものなども配布されているので、使いたいものがあればライブラリ管理システムのCocoaPodsなどで利用することができます。

CocoaPodsの詳しい導入方法は[Xcode]CocoaPodsのインストールと使い方で書いているので参考にしてみてください!

 

まとめ

フレームワークやライブラリを使うと実装したい機能を簡単に実装できるので、使い方は慣れておく必要があります。

とくにCocoaPodsなんてめちゃくちゃ使うので、絶対に入れておいた方がいいです。

また便利なライブラリなどがあったら紹介したいと思います!

 

ではでは以上ふっさんでした〜。

 

Swiftカテゴリの最新記事