[Swift]UIColorにextensionで自作の色を追加する方法

[Swift]UIColorにextensionで自作の色を追加する方法

みなさんどうもふっさんです。

今回はextensionを使ってUIColorに自作の色を追加する方法をご紹介します。

 

Extensionを使ってUIColorに色を追加

早速コードを書いておきますね。

 

これで追加することができます。

一つしか書いていませんが、TwitterColor関数の下に同じように関数を作ってやると自作の色を追加することができます。

 

ちなみに使用方法は普通のUIColorと同様です。

以下のように書くことで使用できます。

 

実行結果は予想どおりこんな色になるわけです。

UIColorの色の追加

 

extensionを使わずにUIColorを指定したい時

このような時は以下のように指定してあげると、作りたい色を作ることができます!

 

一度しか使わない色であれば、この指定方法で大丈夫ですね。

一応実行結果載せておきますね!viewの背景を変えているだけですけどね!一応ね!笑

UIColorの色の追加二つ目

 

UIColorで指定できる一覧

 

自分で作らなくてもUIColorで指定できる色以下のようなものがあります。

UIColorで指定できる色一覧

[colwrap]
[col3]
・white

・black

・darkGray

・lightGray

・gray
[/col3]
[col3]
brown

・red

・magenta

・green

・blue
[/col3]
[col3]
cyan

・yellow

・orange

・purple

・clear
[/col3]
[/colwrap]

以上の15種類です。

すべての色を表示してみると、こんな感じ。

 

UIColorで定義されているすべての色

 

まぁあんまりおしゃれな色は用意されていないので、自作の色を作って使うことをオススメします!笑

 

UIColorの扱いは完璧!

 

UIColorの扱いはとても簡単で、初心者の方でも一回使えば覚えてしまうレベルですね!

この記事だけでUIColorの扱いは完璧なはずです。

ぜひぜひ参考にしてみてくださいな!

 

以上ふっさんでした〜。

 

iPhoneアプリ開発Tipsカテゴリの最新記事