[Xcode]CocoaPodsのインストールと使い方

[Xcode]CocoaPodsのインストールと使い方

どうもふっさんです。

今回はiPhoneアプリ開発に必須な「CocoaPods」のインストール方法と使い方について書いていきたいと思います。

ふっさんも色々調べて使えるようになった苦労があるので、初心者の方にはサクッと使えるようにこのブログにまとめておこうと思います。

 

ちなみにバージョン管理システムGitのインストール方法についても詳しく書いた記事があるので、まだ導入していない方はこちらも読んでみてくださいね。
[kanren2 postid=”596″]

「CocoaPods」のインストール方法

まずはインストールからやっていきましょう。

1. ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力してください。

 

2. CocoaPodsのインストール

 

[aside type=”normal”]

このように入力するとMacOSXがEl Captainの場合エラーが出るので、上記のようにインストール位置を指定したものをコマンドに入力しましょう。

→エラーが出る原因
[/aside]

 

3. インストールが終了したので、セットアップ

 

CocoaPods」のインストールは以上です。

めちゃくちゃ簡単ですね。

「CocoaPods」の使い方

次に使い方を書いていきます。

ちなみにふっさんが初めて使ったグラフ描画ライブラリ「Charts」を例に説明していきたいと思います。

 

1. まずターミナルを開いて、「CocoaPods」を使いたいXcodeのプロジェクトファイルがあるディレクトリに移動します。(〇〇〇.xcodeprojというファイル)

 

2. 次にそのディレクトで以下のコマンドを実行します

このコマンドで、ディレクトリに「Podfile」というファイルが作成されます。

 

3. viでPodfileを開く

viでPodfileを開くと、コメントアウトされている行が数行あると思います。

 

その中の、

という部分をコメントアウトから外します。(#をとる)
もし「use_frameworks!」という文章もコメントアウトされていたらコメントアウトから外しておいてください。

 

4. ライブラリの追加

それができれば、最後に書いてある「end」の手前に、

を追加します。

 

5. ライブラリをインストール

 

これで完了です!

あとはプロジェクトファイルの中で、ライブラリをインポートしてやれば使うことができます。
[aside type=”warning”]
ライブラリのインストールが終わった後にプロジェクトファイルを開くと思いますが、ライブラリが追加された.xcworkspaceという新しいファイルが作られているので、そちらを開いて作業してください。

〇〇〇.xcodeproj → 〇〇〇.xcworkspace

もし.xcodeprojを開いちゃうとライブラリを使えないので気をつけてくださいね!
[/aside]

まとめ

やってみるとほんと簡単ですよね。

自分がやったときはエラーが出て何度かググりましたが、これでググらずにサクッと使える人が増えればなと思います!

.xcworkspaceなんて絶対に気づかないですし!

 

これからも使える記事をあげていきますね〜。

以上ふっさんでした!

 

iPhoneアプリ開発Tipsカテゴリの最新記事