【アプリ開発】Xcodeのインストール方法と使い方

【アプリ開発】Xcodeのインストール方法と使い方

どうもふっさんです。

今回はXcodeのインストール方法と使い方について書いていこうと思います。

 

Xcodeとは

xcode

Apple社が提供しているMac、iPad、iPhoneなどのアプリを開発するためのソフトウェアで、Apple製品のアプリを開発するのに必須なツールです。

AppStoreの申請にアプリを提出するのさえも、このXcodeで行うので使い方はマスターしておく必要があります。

作れるもの一覧

  • iPhoneアプリ
  • iPadアプリ
  • Macアプリ
  • AppleWatchアプリ
  • AppleTVアプリ

以上のものが作れて、勉強すれば誰でも作れるようになります。

 

準備するべきもの

Xcodeをインストールするために準備するべきものは、

  • MacbookなどのApple製PC
  • Apple ID

以上の二点です。

そしてその上でXcodeの容量が大きいので、ある程度のハードディスク容量が必要となります。

 

Xcodeをインストールする

1. まずAppStoreに移動します

app-store

 

2.  右上の検索欄から「Xcode」と検索

xcode-install

 

3. 「Xcode」を開いて、「入手」を押す

ふっさんはダウンロードしているので「開く」となっていますが、初めてインストールする際は「入手」になっていると思います。

xcode-install-method

 

4. これでインストール完了です。

 

初めてXcodeを使う場合ウィンドウの名称などがわからないと思うので、こちらの記事も参考にして見てください。
[kanren2 postid=”973″]

試しにプロジェクトを作ってみる

試しにUILabelを表示するプロジェクトを作ってみたいと思います。

他のサイトではStoryboardを使って実装しているところが多いと思いますが、ふっさんはすべてコードで実装する人なので、コードでやってみたいと思います。

 

1. まずXcodeを開きます

open-xcode

 

2. 「Create a new Xcode project」をクリックして、新しいプロジェクトを作ります。

 

3. 下画像のような画面が出るので、「Single View Application」を選択して、「Next」を押します

xcode-project

 

4. 次に必要な項目を設定して、保存

create-xcode-project

・Product Name

作るアプリの名称を設定

・Team

プルダウンから設定

・Organization Name

組織名を入力する欄。

個人開発者は自分の名前をローマ字で入力しておいたら大丈夫です。

・Organization Identifier

アプリを作る人や団体のID。

他の人たちのIDと被らないようにしなければいけないので、作るアプリ固有のものにする。

AppStoreに公開しなければなんでもいいので、今回は「sample」とでもしておきましょう。

・Bundle Identifier

アプリのID。

Organization IdentifierとProduct Nameで勝手に決まる。

・Language

Swiftに設定

・Devices

iPhoneに設定

・Use Core Data

データの保存に使うCore Data。

使わないのでチェックを外す。

・Include Unit Tests

個々のプログラムが正しく機能するかテストするための機能。

簡単なコードなので、チェックを外す。

・Include UI Tests

こちらはUIをテストするための機能。

当然簡単なコードなので、チェックを外そう。

 

5. 下画像のような左側にあるメニューの「ViewController.swift」を選択

view-controller

 

6. viewDidLoad()の中にコードを追加

xcode-programing

追加する部分のコードをコメントをつけて乗せておきますね!

これをコピぺしてもらえれば大丈夫です!

 

7. 左上のデバイスを「iPhone6」に設定して、▶︎ボタンを押して実行

xcode-run

 

8. 下画像のような画面になれば完成!

iphone-simulator

 

上ではボタンで実行を行なっていますが、慣れてきたらショートカットキーで実行するようになります。

開発の効率を上げるにはショートカットキーを覚えることも必要不可欠なので、必要なショートカットキーは早めに覚えてしまいましょう!
[kanren2 postid=”933″]

まとめ

Xcodeのインストール手順からプロジェクトを作ってみるところまでをご紹介しました。

思っていた以上に簡単だったんじゃないでしょうか!

 

これからXcodeの使い方を勉強していくと思いますが、アプリをすべてコードで実装するとあまりXcode内をいじくり回すことも少ないはずです。

初めはコードだと難しく感じるかもしれませんが、このようなメリットもあります!

 

ふっさんと一緒にiPhoneアプリ開発を勉強していきましょう!

 

iPhoneアプリ開発の基礎カテゴリの最新記事